1929年 スペイン バルセロナ万国博覧会記念 アルフォンソ13世 32ダカット金メダル(NGC/MS66)

¥4,100,000
1929年に開催されたバルセロナ万国博覧会を記念して作られた32ダカット金メダルでございます。
鑑定機関NGCでMS66の評価を受けております。
表面にはアルフォンソ13世と妃であるヴィクトリア・ユージェニー・オブ・バッテンバーグの肖像
裏面にはトロフィーを持った女王、バルセロナの紋章、宮殿が描かれています。
なめらかで優しさを感じるデザインは彫刻家Antoni Parera作 

アルフォンソ13世が、パトリシアという女性にプロポーズをするためイギリスを訪問した際、
パトリシアよりもその従妹のヴィクトリアに魅了されてしまいます。
ヴィクトリアとの結婚には家柄の低さ、宗派の違い、血友病の王子を産む可能性など様々な問題や反対がありましたが
全て跳ね除け、アルフォンソ13世とヴィクトリア女王は結婚の承認を勝ち取ったのです。

そんな2人の情熱を表すかのような32ダカットという大型コインは特大のホルダーに納められています。

You may also like