402-450年 東ローマ帝国 テオドシウス2世 ソリダス金貨 (NGC/Ch AU 5/5 5/5 )

Ask

世界最大手鑑定機関であるNGCにて鑑定されたコインになりますので、贋作の心配はありません。
鑑定評価はCh AU(Choice almost uncirculated)の状態で、
このコインの評価基準(VG~Gem MS)12段階中、上から4番目の評価となっております。
打刻に関しては5点中/5点の満点評価
表面状態に関しては5点中/5点の満点評価。
打刻、表面ともに満点の貴重なコインとなっております。


古代ローマ帝国の帝王であるテオドシウス2世(Theodosius II)の統治下で鋳造された金貨です。
この貴重な貨幣は、5世紀にコンスタンティノープルで製造され、
表面にはテオドシウス2世が兜を被り槍を持つ姿が描かれ、裏面には古代ローマの神と「コンスタンティノポリス」の文字が刻まれています。
この硬貨は、7歳で帝位に就いた古代ローマ帝国の帝王テオドシウス2世が統治するテオドシウス朝の第2代皇帝によって製造されました。

テオドシウス2世は、コンスタンティノープルの城壁建設などの公共事業に注力し、
フン族やペルシャ人の侵攻から帝国を守る功績を残す一方で、
彼の統治期間中は政治的な不安定さや汚職の問題に悩まされ、
450年に暗殺されました。

You may also like